海洋散骨の燈台舎

トップ>会社案内

会社案内

《灯台の写真》

北海道室蘭の断崖絶壁の岬に立つチキウ岬灯台。太平洋を望んでいます。

愛知県渥美半島先端にある伊良子岬灯台。海辺にあって太平洋から伊勢湾を望んでいます。

燈台舎について

灯台とは、岬の先端や港内に設置してあり、その外観や灯光により船舶の航行目標となる施設の事を言います。夜間には光を発して、航行している船舶が場所を識別する目印にもなります。
昔は灯台守(灯台員とも言われた)と言って、航路標識としての役割を果たせるよう維持管理をする為に、灯台に併設された家や、灯台の近くに建てられた家に滞在していました。
お家には灯台守だけでなく家族も一緒に住んでいる所もあったそうです。
日本では長崎県五島市の男女群島の女島にある女島灯台が最後の有人灯台でしたが、2006年(平成18年)12月5日に無人化されて、国内の灯台守は無くなりました。

「灯台」のように、暗闇(不安)を照らし、明るく前向きに生活が出来るように・・・・
そんな思いを込めて社名を燈台舎にしました。
お葬式後のお骨(納骨・ご供養)に関する悩みや、大切な方を亡くされた方のケアについて、いつでもご相談に対応しております。
ご自身の事、またご家族様の希望に添えるようお手伝いさせて頂きますので、先ずはお気軽にご相談下さいませ。

葬送の事だけではなく、高齢社会に向けて日々の暮らしに寄り添える会社でありたいと思っております。

※燈台舎の海洋散骨の特徴を分かりやすく説明した「弊社の海洋散骨の特徴」ページも合わせてお読みください。

※弊社ではこれから楽交@多摩というコミュニティ活動もしております。 
これから楽交  http://www.korekara-gakko.net/

東京事務所

〒190-0032
東京都立川市上砂町1-3-6-1B
Tel 0120-43-1064(受付時間:午前9時〜午後7時)
Fax 0120-42-1064

燈台舎の関連会社

沖縄海洋散骨の燈台舎

「燈台舎」では、これまでに八重山諸島(石垣島・竹富島・黒島・西表島・鳩間島・波照間島・与那国島)、宮古島、沖縄本島(慶良間諸島)等沖縄での海洋散骨を実施してまいりました。沖縄でのご要望が多くなったために関連会社「沖縄海洋散骨の燈台舎」新設いたしました。沖縄での海洋散骨をご検討の方はぜひサイトをご覧ください。

「燈台舎の沖縄海洋散骨」サイト https://okinawa-kaiyosou.com/index.html

スタッフプロフィール

松木修平

20歳に警察案件をメインとする葬儀会社に就職
ご遺体の扱い、処置の仕方、ご家族様との対応等、お葬式の基本を学ぶ
その後、地域密着型で家族経営の葬儀会社へ転職
契約、司会、宰領(火葬場案内)業務等を学び、アフターケアの重要性を学ぶ
出棺の際に使用する様々な霊柩車に興味を持ち、次は霊柩会社に転職
搬送、霊柩業務を行いながら、散骨業務に携わる

現在は生前契約をされていた方がご逝去した時、散骨を希望でお葬式(火葬)も一緒に行ってほしいという方々からのご依頼で、お迎えからお葬式、そして海洋散骨までとワンストップでの対応をしております。

前職の葬儀会社、霊柩会社をはじめ、関係者様のご協力の元、ご家族様の希望通りのお葬式や海洋散骨が出来るようになりました。

電話でのお問い合わせ

0120-43-1064

受付時間
午前9時〜午後7時

クレジットカードが
利用できます

ビザ、マスターカード、JCB、DC、UC、UFJニコス、アメリカンエキスプレス、セゾンカード、ニコス、ディスカバー、ユニオンペイ、ダイナーズクラブ